失敗しないタバコをやめる方法

禁煙 タバコ体にいいこと

禁煙してから10年以上たちました(笑う)

今思っても、好い決断をしたと自分でも思っています。
私が思うに、私が決断し実行に移せたのは人生最大の決断だと、自分自身を褒めたいと思います。

少しオーバーですけれど・・・・・(笑う)

煙草をやめる以前は家族4人との食事中でも、お酒を飲みながら吸っていました。反省~~
ダメな父親をしてましたね~~~~。

10年前は、受動喫煙とかは騒がれてはいませんでしたけれど、やはりダメです。

今考えると、なぜ吸いたかったのだるう?

〇ニコチンのもつ依存性が最大の原因なのです
〇煙草を吸うことにより、ニコチンが脳に達し
 快感を生じる物質を発生させ喫煙者は快感を味 
 い、煙草を吸いたい欲求が生じます。 

煙草やめてのメリットは  

〇健康に気を使うようになった。
〇お金の節約になった。
〇睡眠が良くなった。
〇歯がきれいになった。
〇煙草臭さが無くなった。

煙草は絶対にやめなくてはいけません!
「百害あって一利なし」だからです。
煙草が体に悪いのは、皆さんもご存じの「がん」のリスクがあるということです。

煙草を吸うってことは、お金を燃やすということになります。

私が10年前に吸っていた煙草は、1箱300円ぐらいだと記憶しています。
現在の煙草は1箱500円ぐらいです。
平均をとり400円だとしますと
10年間、煙草を吸い続けると

400×30×12×10=1440000にまります。

凄い~~~。

やめて良かった~~~~~(笑う)
これだけの節約って!

喫煙による健康被害は

肺がん・胃がん・食道がん・喉頭がん・肝臓がん
など。

循環器の病気:虚血性心疾患、脳卒中、腹部大動脈瘤、末梢動脈硬化症
などなど・・・・・・・

当時のことを思い出して

簡単ではありませんでした(笑う)
イライラ~~~~
口が寂しい~~
う~~~あ~~~て感じ
また、明日から禁煙~~また、明日から

吸う本数を減少したり、ガムなどを噛んだり、ニコチンの数値の低い煙草に変更したり、色々しましたが。

意思が弱く後戻り~~~。

私個人の意思ではダメだと思い

禁煙本を買って、挑戦しました(笑う)

内容説明は
精神力はいらない、禁断症状がない、太らない、ヘビースモーカーほど簡単、代用品不要、誰でもすぐにやめられる。
すべての喫煙者が待ち望んでいた奇跡的禁煙法を紹介。

他にも保険適用で、禁煙のお手伝いをして下さる
病院もあります。
検索をして見てください
「近くの禁煙外来」とググって~~~

最後に

私は禁煙でき本当に良かったと感じています。
煙草を吸っている人は、このご時世肩身が狭くなってきました。

私自身、10年前に禁煙できて良かったと今でも思っています

コメント